アメリカの大学・カレッジの種類、入学方法、プログラム一覧|海外進学.net

アメリカ

America

アメリカ

アメリカにはたくさんの大学やカレッジがあり、2年制カレッジ(公立のコミュニティカレッジ、私立のジュニアカレッジ)、4年制大学など様々な種類があります。日本との大きな違いは、途中で専攻分野を変えることはもちろん、関連分野で副専攻を取ることや、2つの分野を同時に専攻するダブルメジャーも可能。加えて他の大学への編入も比較的スムーズにできます。

大学の種類

2年制カレッジ(コミュニティカレッジ)

日本の短大や専門学校に当たる教育機関

4年制大学より入学基準が低く高校を卒業し、一定レベルの語学力さえあれば基本的に誰でも入学が可能です。
技術や職業訓練を目的とした「職業教育コース」と、4年制大学に進学を目的とした「進学コース」など、カレッジには様々なコースがあります。専門性のある科目も多々、Associate DegreeやCertificateなどの資格取得が可能です。
2年制カレッジは4年制大学に比べ学力や英語力の基準が低く、授業料も安いので留学生には優しいため人気です。Certificateコースなどでは2年未満のコースもたくさんあるので、期間や目的に応じてコースを選ぶことが可能です。
2年制カレッジを卒業後、4年制大学に編入することも可能なため、最初から4年制大学で高いレベルで勉強することに不安を感じる方にもお勧めの進学スタイルです。

4年制大学

Universityと呼ばれるBachelor Degreeや
Master Degreeを取得することができる教育機関

学べる分野も多岐にわたり、日本では学ぶことができない科目も充実しているのでより専門的に学ぶことが可能です。日本の大学とは異なり、海外の大学の勉強はハードなので、語学力にハンデのある留学生は日夜勉強に励まないと単位を落としてしまうことにもなりかねません。学力や英語力の基準も2年制カレッジより高く設定されているため、学力や語学力に応じた大学選びが必須です。
また、アメリカの優秀な大学では高校の成績の評定平均や語学力の他に、SATやACTと呼ばれる試験のスコア提出が必要となり、入学基準のハードルが高くなっています。加えてMaster Degreeを取得するためのコース(大学院)では、GMATやGREなどの試験が必要になります。

リベラルアーツカレッジ

一般教養だけでDegree(学位)を取得することができます

もちろん専門分野も学ぶことも可能で、学位(Bachelor=学士、Associate=準学士)の取得も可能です。教育に注力しているのが特徴的で高い教育が受けられるのがメリットですが、その分授業料がやや高めになります。

入学の方法

進学のパターン例

パターン1
パターン2
パターン3

プログラム一覧

アメリカ

コミュニティカレッジを
卒業してから、4年制大学の
3年次に編入するプラン

アメリカ

目標の大学に進みたいと、
ある程度具体的な
希望する大学が決まっているプラン

アメリカ

リベラルアーツ系大学で学び
有名大学へトランスファー、
4年間で有名大学卒業を狙うプラン